当社で製作したお客様結婚指輪作品集です。
当店オリジナルの鍛造結婚指輪ブランド「ルージュ・ブラン」です。
ハワイアン柄・桜柄などを手彫りする当店オリジナルブランド「インディゴ」です。
当店の「結婚指輪に対する想い」や「鍛造製法」につて

三栄さんバナー4.jpg
当社の「結婚指輪に対する考え・想い」「鍛造製法」についてをご紹介します。

色々な製造方法により、工房も違います。

「工房の選び方」の前に製造方法の違いを説明します。

販売方法 製作方法 長所 短所
デパート・宝石専門店・ブランドショップの指輪 キャストと言われる大量生産方法 同じ規格で、大量に、同じモノが出来る標準化が長所 同じモノを着けている人もいる、鍛造に比べると強度が落ちる
オリジナル製作工房(ロストワックス製法)の指輪 1つ1つ原形を削るロストワックス 個性的デザインなどを1つづつ製作できる、デザインの多様性 液体を固体にして製作する為、鍛造に比べ強度が落ちる。そこをカバーする為に必然的に幅広のリングになり、高額となる。
オリジナル製作工房(鍛造製法の指輪) 叩いた地金から作る鍛造製法 鍛造製法の為、高い強度があり変形しにくい。細めのリングもおススメ出来る、良心的な価格のリングが出来る デザインに多少の制約がある。

このようにそれぞれ長所・短所はありますが、お客様それぞれの価値観でお選び頂ければいいと思います。私達はご覧の通り3番目です。

  • 結婚指輪という性格上、永く、飽きがこない、流行に左右されないデザインが好ましい。
  • 永くつける指輪の為、変形などに強いリングが好ましい。
  • アフターサービスの面も自社製作のほうが安心できる。

このような信念のもとに鍛造にこだわり、製作していますので価値観が合う方は是非、一度工房にいらしてください!まじめな、技術力のある日本の町工場で、お二人のオリジナル結婚指輪を良心的な価格で製作いたします。

TMバナー.jpg

▲このページのトップに戻る